2019/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


access countベストリンク最新情報クラシック 音楽沖縄民謡 沖縄ポップス

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています











NIKE「NIKE AIR ZOOM ALL COURT Black/White」


Thanks "H"!


以前発売した「NIKE AIR ZOOM ALL COURT」、先行発売は紺と赤でした。
このシンプルな形でベタな黒がライナップにないのはおかしいな・・・と思って様子見。
すると、先月発売されたスニーカー本に黒が掲載。しかも藤原ヒロシ氏が着用してましたね。
紺を買おうかすごく迷ってましたが、待ってて正解でした ^^







アッパーはキャンバス地ですが、オイルを染み込ませているらしく
多少の埃や水ならはじくらしいです。これからの梅雨時期に重宝しそうです。

このモデルの最大の特徴は、NIKEのアイデンティティーである「スウッシュ」がキレイさっぱりないことでしょうか。
タンとヒールにNIKEと書かれているだけです。

HF氏はSneaker Tokyoのインタビューで、「当初、スウッシュをなくすことは法務的に絶対無理」と言われたそうですし、
classic SBやALL COURT レザーに使われた「パンチング縁取りのスウッシュ」も
初めは無理だと言われたそうで。大企業を相手にそれを覆すとは・・・







ヒール部分。いたってシンプル。







インソールにfagmentのロゴプリント。これすぐ剥がれて消えそう(汗
レザーの時のように、ヒールに型押しだったら良かったです・・・







前面部。特徴的なトゥ。
この部分も含め、全体のシルエットはconverseのジャックパーセルに似ていると思います。
昔愛用してました。あれはスタイルを選ばないいいスニーカーでしたね。
しかしクッション性の皆無さと靴底のツルツル具合には泣かされ、今はもう履くのシンドイ(苦笑







インソール。ヒール部分にzoom air。
DUNK SBのように、前方部にもairがあったら最高なんですが。



シンプルなスニーカーは、スタイルを選ばないのでかなり活躍してくれそうです。
付属は平紐ですが、気が向いたらオーバルの紐に変えてみてもいいかも。




あれやこれやと書きましたが、1番気に入らなかったのは
またしても「東京限定」だったこと。
ほんともう勘弁してください・・・・orz
 
 
 
 


スポンサーサイト

  • 21:17
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


comment









trackback